■修理・調整

1.ネック折れ

ネックが折れたら・・・通常、ネックにはチューニングした状態で約50キロから60キロの力がかかっています。弦に引っ張られて緊張した状態になっているのです。だから、倒したり、何かをぶつけたり、落としたりするとネックは折れてしまいます。もし、折れなかったら、それはとても運が良かったのだと思って下さい。ネックが折れてしまったら、とても悲しいですが、適切な修理をすればまた元通り!ちゃんと使えるようになりますから、ご安心下さい。適切な修理、そのためには、まず、慌てず弦を静かに外して、出来るだけ速く修理に出して下さい。そのままにしていると折れた状態で木に癖がついてしまったり折れた所から水分や汚れが入って接着剤の効き目を悪くする要因ともなり症状を悪化させてしまう恐れがあります。また、自分で接着剤を入れてみたりは絶対にしないで下さい。中途半端な接着は割れ目に接着剤をしみこませてしまうだけで適切な修理をし難くしてしまう恐れが有ります。

ヘッド割れ 補強材埋め
ヘッド割れ 補強材埋め
ヘッド割れ修理完了 ネック折れ修理Befor&After
ヘッド割れ修理完了 ネック折れ修理Befor&After

2.ビビる・弾きにくい

ビビりの原因はいろいろ考えられますが、急にビビるようになったのなら、一番多い理由はネックのソリです。木は環境の変化に応じて水分を吸ったり吐いたりして呼吸をしています。そのためにネックは反ったりまっすぐになったり、するものなのです。トラスロッドはそれを調整するためにネックに仕込まれています。トラスロッドでソリを調整する事はギターのコンディションを保つ為に大切なことです。自分で出来るようになることは大切ですが、最初は専門家に任せましょう。下手に自分で回してトラスロッドを折ってしまったら大変です。

弾きにくい、例えば弦高が高すぎたり、テンションがフィットしなくて弾きにくいのなら弦高やテンション調整、ネックが太かったり、グリップが手に合わないのならネック・リシェイプ、ハイポジに指が届かないのならハイカット等々対策はいろいろ、何でもご相談下さい。

3.トラスロッド調整

ギターは木で出来ている。木は常に水分を吸ったり吐いたりして呼吸しています。そのために気候の変化、回りの環境の変化によって影響を受け反応します。ネックのソリはそんな反応の一つです。トラスロッドはネックのソリを調整するために仕込まれています。トラスロッドでネックのソリを調整する事はネックのコンディションを維持するために大切な事です。常にネックのコンディションを意識してトラスロッド調整が自分で出来るようになると大変便利ですが、慣れていない方は自分で無理に回してトラスロッドを折ってしまったり、逆に状態を悪化させてしまったりする事もありますので自信がつくまでは専門家に任せましょう。また、トラスロッドの効く範囲は限られています。ハイポジはトラスロッドの守備範囲外です。トラスロッドで調整出来ないソリは指板矯正などまた別の修理が必要です。

4.ナット・弦高・オクターブ調整

ナットの溝調整は\4,500から、弦高・オクターブ調整は\3,500、プロが貴方の好みに合わせてキッチリ調整したら・・・それだけでギターは生まれ変わるはず!

●NECK調整・修理  (税別)
 トラスロッド調整 (効き修理 10,000~) 3,000~
 ヒーティング(ネック仕込み角度20,000) 10,000~
 ・簡易すりあわせ&簡易調整含む場合 25,000~
 トラスロッド折れ ADJ部加工修理 30,000~
 トラスロッド交換 指板交換料+35,000= 合計価格
 セットネックジョイント修理(離脱再結合65,000~) 28,000~
 セットネック交換基本技術料(材・塗装別) 50,000~
 ES-335: ネック交換.マホ/R.セル.ポジ-LP.塗装.調整 例]140,000
 ヘッド割れ(簡単色)(欠損,補強+12,000~) 18,000~
 ネック折れ(簡単色)(難有り+10,000~) 30,000~
 ・補強材埋め(ボリュート加工48,000) 48,000~
 ・補強材+ボリュート取付 58,000~
 ・釘などの事前処理有の再修理 20,000UP~
 ・ヘッド部特注(塗装別) 70,000~
 上記難有色(ヘッド別色+5,000/ロゴヌキ+5,000) 5,000UP~
 ジョイント穴ボディー合わせ穴加工のみ 5,000~
 ・木埋再加工(3→4穴加工10,000) 8,000~
 ・ズレ調整(ポケット幅加工12,000) 8,000~
 仕込み角シム調整(ルーター加工10,000) 6,000~
 ・木埋めルーター加工調整(塗装別) 15,000~
 グリップリシェイプ(塗装別)(詳細指定25,000~) 20,000~
 ・幅変更(塗装・ナット別) 10,000UP~
 ★裏部分塗装は指板塗装同様又はネック全塗装参照★  
 裏埋め木 離脱, 割れ(難有12,000~) 10,000~
 ヘッドリシェイプ(塗装別)(部分加工10,000~) 15,000~
 ・木部増設加工有 30,000~
 エピフォン:ラージヘッド改造加工,ロゴ移動,塗装 例]75,000
 ネック交換調整(すりあわせ,セットアップ+ナット) 15,000~

この料金表は一部です。詳しくはお問い合わせ下さい。お客様のご予算とご希望に合わせてご提案をさせて頂きます。

Tel:093-522-7500

5.音が出ない?ガリ・ノイズが出る

音が出なくなった!原因はギターなのか、シールドなのか、アンプなのか、しっかり確認!ギターだと判明したらコントロール系の接触不良及びパーツの破損、もしくはピックアップの断線等が考えられます。見せて下さい。ガリ・ノイズが出る、ツマミを回すとガリガリいうのなら接触不良!接点復活剤で一時的に凌ぐ事は出来ますが、交換をお薦めします。突然ブーーとかジーーとかのノイズが出たら、アースの断線や接触不良が考えられます。また、基本的にシングル・コイルはハンバッカーの様にハムキャンセル機能が無い為ハム・ノイズは出るものですが、それらも導電塗装によりシールドし軽減させる事が出来ます。

6.ジャック・ポット・スイッチ交換

\3,000から!その日の作業の混み具合によってはお時間を頂く場合もありますが、通常即日対応が基本です。お気軽にお申し付け下さい。

●配線修理・改造(パーツ持ち込み×1.5)   (税別)
 SA.FAなど手間有り(1) 3,000up~
 バッテリースナップ交換 (パーツ含) 2,500~
 Cap取付(1)(LP/2=\3,500)接点洗浄. 配線1箇所 2,000~
 スムーステーパー回路 (LP/2=\4,000)   2,500~
 Jack,Pot.SW(1)交換、複数配線修理           3,300~
 Pot.SW(2)交換、複数配線修理      3,300~
 スタックコンセントリックポット配線 4,000~
 4way TE SW (Front PU加工含む) 複数配線修理 6,000~
 Multi 5way SW.ロータリーSW交換、複数配線(回路)修理      6,000~
 タップ、コイルバランサー配線(1)(PU取付含 6,500)  4,000~
 PRSコイルタップ.2PUタップ配線(PU取付含 10,000) 10,000~
 直列/タップ/並列 SW回路(PU 取付含 8,000) (1) 6,000~
 トーンブレンダー、JBパワー、Hi-Lo、ドライ回路   6,000~
 ターボブレンダー、アクティブ/パッシプ回路 6,000~
 プリセット(バイパス)SW回路 6,000~
 ポット分解洗浄加工 (1)+配線料     7,000~
 ノーロード改造(1) (Newは 1,500up) +配線料  3,000~
 TE.JB レベル ASSY (w/PU 15,000) (特殊 +5,000) 10,000~
 ST.LP レベル ASSY (w/PU 18,000) (特殊 +5,000) 12,000~
 SA.FA レベル ASSY (w/PU 25,000) (特殊 +5,000) 20,000~
 EMG SPCなどの配線 8,000~
 TCTレベル プリアンプ等の配線 10,000~
 NTMB レベル プリアンプ等の配線 14,000~
 前半田除去加工再Assy製作         6,000up~
 パッシブPU取付(1)           3,500~
   LP .TE .JB (2) 6,000~
   ST(3) 7,000~
 EMG+Assy取付(1) 4,000~
   LP .TE .JB (2) 7,000~
   ST(3) 8,000~

この料金表は一部です。詳しくはお問い合わせ下さい。お客様のご予算とご希望に合わせてご提案をさせて頂きます。

Tel:093-522-7500

7.ギターにとっての気持ちいい環境について

ギターは木で出来ているものなので温度や湿度の影響で伸びたり縮んだりまるで生き物の様に変化し動くものなのです。生き物の様に動くと言っても走り回ったりはしませんが、生き物の様に極端な温度変化や暑い所・寒い所は苦手です。例えば、炎天下の締め切った車の中に置き去りにされたり、冷房の吹き出し口の真下に置かれたり、じめじめしたカビくさい地下室に放置されたら、凄く傷つきます。ギターは私たちと同じように私たちが気持ちいいと感じる環境が好きなのです。湿度が50~60%温度は18~25度くらいでしょうか。個人差はありますが、夏なら爽やかな涼しさ、冬なら適度な潤いと暖かさが快適ですよね。ギターも同じなのです。また、夏に涼しい屋内から暑い屋外に持ち出すと冷えたギターに空気中の水分が結露する事が有ります。そんな時はすぐ水滴を拭いて下さい。白熱のライブ、汗でビチョビチョ!気持ち悪いですよね。ギターの指板も汗でビチョビチョ!拭いてあげて下さい。そのままケースに入れたりするとケースの中にも湿気が溜まって保護するためのケースが返ってギターに悪影響を与える存在になってしまいます。ギターのハードケースに専用の乾燥剤を入れる事を大切なギターを少しでも気持ちいい環境においてあげる為に是非お薦めします。

ついでに言うならギター・スタンドに置きっぱなしで気が付いたらスタンドのゴムがギターの塗装に付いてしまった~という経験ありませんか?ラッカー塗装のギターなどはスタンドのゴムと反応してしまうのです。ギター・スタンドにはラッカー塗装との反応を防ぐ専用のカバーをお薦めします。ただ、それでもズーっとスタンドに置きっぱなしは感心出来ません。時には手に取って弾く事はもちろん、ポリッシュしたり指板潤滑剤したりしてあげて下さい。アコースティック・ギターであまり長い間弾かない時はライト弦なら半音、ミディアム弦なら一音くらいチューニングを下げておきましょう。ネックやボディ・トップ等のコンディション管理にとって大切な事です。ちょっとしたギターへの心配りで何時までもいい関係を続けて下さい。

Tel:093-522-7500

営業:11:30~20:00 水曜定休